リクルートスーツを着て転職活動した私の日々。

私は7年ほど前、2年間勤めた会社を辞め、転職活動をしました。毎日ハローワークに通い、私の希望している事務の仕事を探しました。土日休みの事務の仕事は人気職のようで、なかなか面接を受けたい会社は見つかりませんでした。ようやく、事務で募集中の会社が出てきたので、直ぐに応募し、面接を受ける事になりました。私はリクルートスーツを着て、履歴書を持ち面接に臨みました。事務の仕事は人気のようで、面接の時上がってしまい、うまく話す事が出来ない私はなかなか面接から先に通りませんでした。

新卒で職を探していた時も同じような事で悩んだ事を思い出しました。面接も、会社によってはきつい事を言われたりするので、とても落ち込みました。その後も何社か面接を受け、転職活動開始から1ヶ月後に採用が決まりました。なかなか就職する事が出来ない人が多い中、1か月で転職できた事は本当に運が良かったと思います。就職も、恋愛と同じで縁とタイミングと言いますが、本当にその通りだと思います。今は私は結婚し、主婦をしていますが電車等で、リクルートスーツを着て就職活動している若者を見かけると、自分が就職活動や転職活動をしていた時の事を思い出します。10年ほど前の私達の新卒の時代は就職が今ほどは大変と言われていた状況では有りませんでしたが、今は本当に就職難と言われています。例え希望する職につけなくても、頑張って就職活動し、就職して欲しいなと、今の若者に望みます。

おすすめ記事

Copyright (C)2017転職活動とリクルートスーツの思い出.All rights reserved.